有効成分

アラキドン酸に含まれている名前の由来

アラキドン酸の、正式な名前と言うのは、一体どこから来たものなのでしょうか。
まずアラキドン酸とは、普段人間が元気に活動していくためには欠かせない成分として有名で、肉などに多く含まれています。
そしてこの成分というのは、人間が健康で長生きしていくためには欠かせない、大切な成分と言われています。

またたまごやレバーにも、多く含まれているのですがこれらを毎日のように食べることで、アラキドン酸を必要量摂取することができるのです。
そして最も多く含まれているのは、やはり牛肉で、この食品には最も多く含まれているようですね
まずこの成分の名前自体が、もとは日本名ではなかったのですが 発見した学者によって、ある英名がつけられたのです。

これは、初めにArachidonic acidと呼ばれていたのですが成分として覚えにくいため、改名されたのでしょう。
大抵の場合は、他の酸であったり、新しい成分というものが見つかっても分かりやすいように、名前というのは考えられるようですね。
このArachidonic acidと呼ばれ、アラキドン酸というのは、この由来しているため、日本ではこう言われてます。

また正式名称は、Arachidonic acidなのですが、見てわかるように英名で長いですから、呼びやすいように、アラキドン酸と呼ばれています。
そして長い英名からアラキドン酸は由来していますが、見てわかるようにArachidonicを文字ってアラキドン、そしてacidは直訳すると酸ですね。
アラキドン酸をArachidonic acidと呼ぶ人は、海外の学者くらいですから日本名でわかりやすく、アラキドン酸というように覚えれば良いのではないでしょうか。

そしてこの成分は人間が自分で合成できないために、肉やたまご、魚から摂取するようなものです。
またこの成分を上手に摂取することは、健康維持につながりますから普段から料理などで、取るようにしましょう。

Copyright(C) 2013 人間の記憶力に欠かせない成分 All Rights Reserved.