有効成分

アラキドン酸と肝臓の関係

よくお酒を飲んだり、タバコを吸ったりする人は肝臓を悪くする話を聞いたことがあると思いますが、これはアルコールなどで肝臓などがやられてしまうということなのです。
アルコールと言うのは適量なら良いのですが、やはり飲み会や付き合いなどで、お酒をたくさん飲んでしまうことが日々あると思います。
またたまにはハメを外して飲み過ぎてしまって、肝臓にダメージを与えてしまうこともあるでしょう。

そんな時には翌日にアルコールが残って、二日酔いなんていうことも珍しくない話ですし、よく聞くのではないでしょうか。
このような場合肝臓には、肝臓に入ってきたアルコールから出るアセトアルデヒドという毒物を、分解する役割があるのです。
この機能は、肝臓のサポート機能として、ある程度はアルコールを分解してくれる働きをします。

しかし肝臓の機能が低下してしまった場合は、このサポート機能も弱まってしまいますから、日々気をつけなければなりません。
このサポート機能を妨げない為にも、アラキドン酸は毎日の食事などで日々から、摂取するようにすると良いですね。
肝臓をサポートするためには、まず自分が、日々どれだけ飲酒をしているかの量や頻度などを、確かめることが大切になってきます。

特に肝臓というのはとても大切な臓器ですから、肝臓の機能が低下したりすると、健康に関わってきます。
このようなことを防ぐためにも、アラキドン酸を普段から摂取するようにして、マメにいたわってあげたいものですね。
毎日少しずつでもアラキドン酸の入っている食べ物を、積極的に食べるようにして肝臓をいたわってあげるようにしてみてはいかがでしょうか。

特にお酒を飲む人というのは、自分がどれだけなるかというのは既にわかっていることですから、少し多めに食べ物などから取りましょう。
上記のようにアラキドン酸をサプリメントなどで、補充するようにすると良いですしこのように健康な身体と肝臓のためには、積極的にこの成分を取るようにすると良いですね。

Copyright(C) 2013 人間の記憶力に欠かせない成分 All Rights Reserved.